アスベストに関連する企業は多岐にわたります。法律の改正によって、発注者や元請け業者、下請け業者、自主施工者によるアスベストの事前な調査だけでなく、一定規模の案件には調査した報告を届出することが義務付けられます。


2022年10月には調査・分析の資格者による調査がさらに義務付けられます。
アスベストのことをより深く知るための一助として、小冊子に取りまとめ、皆様へご提供しております。
社内教育資料等にご活用下さい。

建物の解体や改修工事の際に、アスベストの事前な調査は2006年から義務となっていましたが、一定条件を満たす案件については届出による報告が義務付けられました。

また、アスベストの調査には設計図書による書面の調査や現地での目視による調査だけでなく、分析による調査が追記されました。

等々、アスベストに関する法律が大きく改正されており、多くの企業に対してアスベストの対策は 大きな問題となっています。

法改正のポイント

建物の解体・リノベーション・廃棄...

実施の際には法に定められた調査が必要です

最新の法律について、把握できていますか?

届出が必要になる対象

一定規模以上の建築物等の解体工事については、石綿等の仕様の有無に関わらず事前調査結果の概要などを労働基準監督署へ届出することが義務付けされます

その他、アスベストとは何か?といった基礎的な知識や採取方法などの例まで分かり易く解説いたします。

小冊子「アスベストのいろは」全3種を無料進呈しています!

難しい法律を読まなくても、これで丸わかり! ”よくわからない”というお客様必読!

調査や解体時の測定ポイント、届け出、廃棄処分・・・等々、お困りの皆様へ アスベストに関連する法律を踏まえながら、事前調査から廃棄に至るまで、わかりやすくまとめています。

こんな方におすすめです

☑ アスベストについて知りたい!

・アスベストとは何か?
・どのような特徴があるか?

☑ 法規制の内容や変更点を知りたい!

改正の概要などについて
わかりやすくまとまっています

☑ 社内の教育に役立てたい!

社内へ配布し、
従業員の知識向上にお役立てください

当社は、市役所や学校等の公共建築物、ビル・工場や集合住宅等の民間建築物までアスベストの事前調査・分析調査のご依頼にお応えしてきました。

豊富な知識と実績をもとに、お客様の困りごとにお答えします。

年間約3,600検体のご依頼をいただいております
豊富な知識や技術能力を備えたスペシャリストが所属しています
設計図書による判別~除去費用算出までご相談に乗ります

内藤環境管理株式会社 会社案内へ