値が高くなりやすいサンプルの特徴について

pH、BODなどの生活環境項目は、水質汚濁防止法や下水道法における排水規制の一つであり、これらは、基準を超過する事が多く、管理しにくい項目となっております。
これら生活環境項目については、サンプルの見た目等の性状と分析結果に因果関係があることが多いです。そこで、分析値が高いときに見られるサンプルの特徴などをまとめました。
サンプルの見た目が必ず分析結果に影響を与えるといった訳ではありませんが、現場での管理等において参考にしていただければ幸いです。

~ 目次 ~
1.はじめに
2.pH(水素イオン濃度)
3.BOD(生物化学的酸素消費量)
4.COD(100℃における過マンガン酸カリウムによる酸素消費量)
5.SS(懸濁物質)
6.ノルマルヘキサン抽出物質
7.T-N(全窒素)
8.T-P(全りん)
9.大腸菌群数

お申込みフォーム

    必須貴社名
    部署名
    必須お名前
    郵便番号
    必須ご住所
    必須電話番号
    必須メールアドレス
    必須希望小冊子
    その他の小冊子(詳細はこちらをご確認ください)
    当社へのご要望